07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
北海道の山と谷2
北海道の山と谷2 (JUGEMレビュー »)
山と谷作成会議 代表 殿平厚彦
RECOMMEND
RECOMMEND
Black Diamond(ブラックダイヤモンド)ブリッツ28 グレー
Black Diamond(ブラックダイヤモンド)ブリッツ28 グレー (JUGEMレビュー »)

BDの超軽量バックパック登場!使い勝手は抜群、重さは444g!重さに合わせてお値段もお手頃?
RECOMMEND
adidas(アディダス) サイクル サングラス 調光レンズ evil eye halfrim pro Lサイズ マットブラックグロウ×クリアーグレイ A181 01 6091
adidas(アディダス) サイクル サングラス 調光レンズ evil eye halfrim pro Lサイズ マットブラックグロウ×クリアーグレイ A181 01 6091 (JUGEMレビュー »)

光によってレンズの色が変化する調光レンズ!クリアーからスモークへ、微妙な天気、夕暮れ時などには最適の視界を確保してくれます!
RECOMMEND
PRIMUS(プリムス) イータスパイダー
PRIMUS(プリムス) イータスパイダー (JUGEMレビュー »)

素早くお湯を沸かすことができて省エネなプリムスのイータ・シリーズ。イータスパイダーはコンパクトに収納できるので個人山行には最適。一度使ったら手放せない、使い勝手の良さ!
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
栗城隊出発

これから栗城隊マナスル遠征、セントレア国際空港より出発です。
荷物のオーバーチャージをしっかりとられました。
では、行ってきます。

藤川 健 | ヒマラヤ・マナスル遠征2008 | 10:13 | comments(4) | - | pookmark |
ただ今、カトマンズで準備中
日本出国後、バンコクで一泊、キックボクシングを観戦してから無事ネパールのカトマンズに到着しました。
キックボクシング

空路ネパールへカトマンズ国際空港

こちらでは到着後、現地での出発準備に追われています。
昨日は足りない装備品を集め、現地のエージェント、シェルパの方々と打ち合わせ。
カトマンズの街


今日は環境省に行って入山許可証の手配などをしてきます。

カトマンズはかなり暖かく、半そで短パンで十分な気候です。
当初、10日間のキャラバンでベースキャンプまで向かう予定でしたが、急遽ヘリコプターを使うことになり、キャラバンの日数は大幅に短縮される予定です。
ベースキャンプではソーラパネルを使い、バッテリーを充電します。ブログアップもできるかも?
ソーラパネルを使います
カトマンズ出発は明日11日。
陸路でポカラという町まで移動し、13日にヘリで移動予定です。

今のところ、メンバー全員の体調は万全。
カトマンズ滞在を楽しんでいます。
先ほど、カトマンズにある世界遺産、ボダナートへ行ってきました。
かなり、神聖な雰囲気の場所です。
ボダナート神様です
この後は、食料チェック、パッキング、通信テストと大忙しです。



藤川 健 | ヒマラヤ・マナスル遠征2008 | 13:25 | comments(2) | - | pookmark |
puja

今日もカトマンズで慌しく準備中です。

まず朝一番で昨日できなかったプジャというお祈りに行ってきました。
チベット人のお坊さんが、山での安全を祈願してくれます。
ヒマラヤの山に入る者はみんなプジャをします。


今回の栗城隊の遠征の様子を様々な機材で記録し、その映像や画像を日本へ随時送るのですが、そのために必要な機材、カメラ、PCの調整をすべてこちらに来てから行っているため、イレギュラーの連続です。
カトマンズでは、意外と様々な電化製品がそろいます。しかし、今回の映像はハイビジョン。ネパールではハイビジョンは使われていないため、ハイビジョン用で足りないものが一切手に入らないのです。
ケーブル、PCのソフトなど、こちらに来て見ると足りないものが多く、僕たちはてんやわんやです。
山に行く準備は万全なのですが、そのほかの準備ができないために出発できないという・・・・なんともやりきれないところです。
しかし、この映像を発信するというのが、栗城君の一番大切にしているところでもあるため、譲れない部分のようです。
おかげで、僕も映像関係の操作や知識が日に日にスキルアップしてます。
まさか、ヒマラヤに来てパソコンと格闘するはめになるとは思いませんでした。

今日はヘリコプターの発着する街、ポカラまで300kmほどの移動してきました。
ここは湖のほとりのきれいな観光地らしいのですが、到着したのはすでに暗くなった時間なので、景色を楽しむのは明日になります。

藤川 健 | ヒマラヤ・マナスル遠征2008 | 15:35 | comments(2) | - | pookmark |
at POKHARA



今日は夜明け前からポカラからすぐ近くの丘、サランコットへ軽くトレッキングしてきました。
ここは標高1500mほどの丘で(ヒマラヤでは1500mはただの丘です)、周りにある8000m峰の山々が一望できます。
今日は日の出にあわせて登ってきましたが、夜明けとともに雲もなくなり、最高の展望でした。

鋭利にとんがったマチャプチュレが目前にそびえ、

8000m峰のダウラギ、アンナプルナ喫のほか、真っ白な山々が広がっていました。



ポカラは本当にきれいな街です。湖のほとりにあり、ネパールの一大観光地。街もきれいで、いたるところに観光客の姿が。

食事も、美味しいレストランがたくさんあり、値段も日本円で考えてしまえば安いものです。
ちなみに今日のお昼は日本食、カツ丼を食べました。


今回の栗城隊のメンバーは、山頂を目指す栗城君、カメラマンの門谷君、そして僕の三人。
その他にサーダー、シェルパ2名、コック2名の合計8名。
今日まではやや観光気分で、慌ただしくも楽しい日々が続いています。
しかし、ホテル暮しと美味しいレストランでの食事も、今日でしばらくおあずけです。

明日はヘリコプターでサマガウンまで移動。ここからはテント生活が始まります。
サマガウンの標高は3500m。この距離をヘリコプターで稼げるのはかなりラッキーです。

藤川 健 | ヒマラヤ・マナスル遠征2008 | 21:12 | comments(0) | - | pookmark |
ポカラDAY2
今日も朝は早起き。
当初の予定では10日間ほどかけてマナスルのベースキャンプまでキャラバンで移動するはずだったのですが、諸々の理由でヘリコプターをつかうことになりました。
ヘリはベースキャンプまでは飛べないのですが、一番近い村のサマガンまで移動できるので、7日間ほどのキャラバンの日程を短縮できます。
朝一番のチャーターヘリでサマガンに飛ぶためにポカラの小さな空港に移動。ロシア製の巨大な軍用ヘリに大量の荷物を積み込み、バタバタと大きな音をたてて飛んでいくジェットヘリです。

かなり巨大です
ちょっと小雨が降っており、1時間遅れで出発。
このヘリ、以前はかなりの数がネパールにあったのですが、現在はたったの3機。
ほかはどうなったのかというと、墜落・・・・。
ヘリからの景色

不安とともに飛び立つものの、フライトは順調。
しかし、サマガンまであと数分というところでUターン。
雲が多く、危険で着陸できないとのことで、ポカラに引き返してきました。
戻ってきたのは残念ですが、この辺の慎重な判断が、今でもこの機体が生き残っている由縁かもしれません。
途中の景色は緑の山と白い雲の中を飛んでいくので、ちょっと幻想的。
ただ、高い山は雲の中だったので、マナスルをみることはできませんでした。
ロシア製ヘリ
 というわけで、今日はヘリコプターの遊覧飛行。
フライトは明日に順延です。
ポカラに戻ってくると青空が広がっていたのですが、山の上とは天候の違いは大きいようです。
ポカラの標高は800mほど。サマワガンは3000m以上あるので、気候はまったく変わります。
とりあえず、今日もポカラの快適なホテルでくつろぎます。

ホテル LAKE PLACE 
昼飯は再び日本食レストランの、古都へ。
今日は天丼。海老や魚、野菜の天ぷら盛りだくさんで、ある意味期待を裏切る美味しさでした。
お店の中もきれいな日本風なので、ここがネパールだということを忘れてしまうくらいです。
カトマンズにも同じ系列のお店があるらしく、エビなどの魚介類はタイからの輸入品のようです。
毎日おいしいものばかり食べて、すっかり肥えています。
もっとも、ベースキャンプに上がってしまえば、体重は減っていくと思うので、今のうちに増やしておきます。
なにせ、日本にいるときは忙しくて体重増やす余裕がなかったもので。

今日は天丼

天気は不安定なようで、ちょっと前からスコールのような雨が降り出しています。
今はちょうど雨季の終わりで、ネパールは季節の変わり目。
これから少しずつ寒くなっていきます。



藤川 健 | ヒマラヤ・マナスル遠征2008 | 18:00 | comments(2) | - | pookmark |
1/9PAGES | >> |