07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
北海道の山と谷2
北海道の山と谷2 (JUGEMレビュー »)
山と谷作成会議 代表 殿平厚彦
RECOMMEND
RECOMMEND
Black Diamond(ブラックダイヤモンド)ブリッツ28 グレー
Black Diamond(ブラックダイヤモンド)ブリッツ28 グレー (JUGEMレビュー »)

BDの超軽量バックパック登場!使い勝手は抜群、重さは444g!重さに合わせてお値段もお手頃?
RECOMMEND
adidas(アディダス) サイクル サングラス 調光レンズ evil eye halfrim pro Lサイズ マットブラックグロウ×クリアーグレイ A181 01 6091
adidas(アディダス) サイクル サングラス 調光レンズ evil eye halfrim pro Lサイズ マットブラックグロウ×クリアーグレイ A181 01 6091 (JUGEMレビュー »)

光によってレンズの色が変化する調光レンズ!クリアーからスモークへ、微妙な天気、夕暮れ時などには最適の視界を確保してくれます!
RECOMMEND
PRIMUS(プリムス) イータスパイダー
PRIMUS(プリムス) イータスパイダー (JUGEMレビュー »)

素早くお湯を沸かすことができて省エネなプリムスのイータ・シリーズ。イータスパイダーはコンパクトに収納できるので個人山行には最適。一度使ったら手放せない、使い勝手の良さ!
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
韓国へ!
今日は成田から韓国へ出発です!
大切な物は機内持ち込みですが、一番重要なのはブーツ!
両方でも1.2キロしかないので、余裕です。
通常、スキーの遠征では荷物の重さがネックとなりますが、山岳スキーレースはすべての用具が軽いのでパッキングも楽々です。
では、頑張って行ってきます!

2012021708460002.jpg
藤川 健 | 2012韓国山岳スキーアジア選手権遠征 | 08:41 | comments(0) | - | pookmark |
ソウル到着!
大韓航空でインチョン国際空港に到着。
札幌から来たメンバーと、中国の選手団と合流して会場のヨンピョンへ向かいます。
韓国は時差もなく、アジア選手権ということで、韓国の主催者側がバスを手配してくれているので、楽々移動です。
ちなみに機内では、いま放映中の映画、タイムが見れ、なかなか面白い映画でした。
ソウルは小雪がちらついてます。
ヨンピョンにはどれくらい雪があるのか?
たのしみです。
藤川 健 | 2012韓国山岳スキーアジア選手権遠征 | 14:34 | comments(0) | - | pookmark |
韓国横断
 会場のヨンピョンに到着!


そして休む間もなく、夕食に行きましょうと車に乗せられひたすら走りました。
ヨンピョンのどこかで食べるのかと思っていたら大間違い。
なんと韓国の東側、チュブンジンという港町までやってきて魚介市場で御馳走してくれました!



まずは焼酎で乾杯。
山の人間はやっぱりお酒から・・・



高級魚、ボラの刺身やヒラメなど、たらふく食べた後には、



アツアツのサバのキムチ煮込み鍋?
そんなに辛くないですよ〜といいながら、韓国美女は汗も流さず平らげていました。
僕は滝のような汗をかきましたが、韓国のキムチは辛いけど美味しい。

今日は韓国の西、ソウルから東の日本海まで横断して美味しい料理でおもてなしをうけました。
韓国最高〜!

藤川 健 | 2012韓国山岳スキーアジア選手権遠征 | 22:34 | comments(0) | - | pookmark |
コース下見へ
 今日は早朝からコースの下見へ。


今回の遠征メンバーは左から三浦さん、山田さん、伊藤さん、藤川の4選手に、監督に佐伯さんの総勢5名。


朝の気温はマイナス19度!
天気は良いけど、極寒です。



日本チームと中国チーム、一緒に下見。
基本的にゲレンデを使いますが、ルートはかなり複雑。


案内はコースディレクターのヨーさんが案内してくれました。
ヨーさんは韓国の有名なクライマーで、世界中飛び回ってます。
つい先日までは南極で隕石さがしていたとか・・・



あまりに寒くてトラブルも続出。
僕も完全に装備不足。
おそるべし韓国の寒さ!



日があたるとちょっと暖かいきがしますが、やっぱり寒い。



ゲレンデだけかと思ったら、山の中も使います。
人工雪以外にもちゃんと雪も降るんですね。


3時間ほどぐるっと回って、ホテルのビュッフェで優雅なブランチ。
昨日は地元の郷土料理、今日はホテルのオシャレな食事と、至れり尽くせり。
しかし、あやうく凍傷になるとこでした。


藤川 健 | 2012韓国山岳スキーアジア選手権遠征 | 11:52 | comments(0) | - | pookmark |
ヨンピョンスノーリゾート

極寒の早朝コースインスペクションからもどって一休み。
午後からはゲレンデスキーを楽しんできました。
せっかく韓国にきたので、滑らずにはいられません。


ヨンピョンは人工降雪機がメインのスキー場ながらも、なかなか規模の大きなスキー場です。
リフト・ゴンドラあわせて14本。
横に広いゲレンデエリアですが、最長ゴンドラは3・7kmもあり、山頂1458mからベースまで滑り下りるコースは6kmもあります。



スキー・スノーボードがいまだ大ブームの韓国。
リフトは長蛇の列。



午後は楽々リゾートスキーなので、リフト乗車です。



ゴンドラで山頂に上がるとこの景色!
日本までは見えませんでした。
午後だからと油断していましたが、やっぱり寒い。
ダウン着てくれば良かったと後悔するも、手遅れ。



山頂に「冬のソナタ」のワンシーンのパネルが!
よろこんで写真とってたのは僕だけでしたが、もう古い?
ちなみに韓国の人々は見向きもせず・・・



ゲレンデはかっこう硬いです。
アルペンスキーならすっ飛んでいきますが、山岳スキーレース用の板で滑るのは至難の業。
明日はどうなるんでしょう?



2018年には冬季オリンピックの開催が決定し、ここヨンピョンではアルペン回転系の種目が行われるそうです。
ダウンヒルは現在韓国にあるスキー場では条件を満たさないため、高速系の種目をおこなうコースを他の山に作っている真っ最中とか。
オリンピック景気で韓国のスキーはますます盛り上がりそうです。
日本もあやかりたい。



明日のコースをゲレンデマップにピンクの線で描いてみました。
ほとんどヨンピョン中を網羅してます。
ゲレンデとはいえ、栂池の緋本選手権よりはるかに長いコースです。

ところで、昨日魚市場で不思議な生き物を見つけました。
韓国語ではケーブーと呼ぶらしい。
日本にもいるんでしょうか?

藤川 健 | 2012韓国山岳スキーアジア選手権遠征 | 17:49 | comments(3) | - | pookmark |
1/3PAGES | >> |