11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
山スキールート212
山スキールート212 (JUGEMレビュー »)

山と渓谷社より、かなりしっかりとした山スキールート集が発売!全国各地の厳選された212ルートが地図を交えて紹介されてます。価格はちょっと高めですが、それ以上の内容を含む一冊。すべての山スキーヤーに!
RECOMMEND
ヒーリンクス(Helinx) サポーター 姿勢補助ベルト ポジティブモーションハーネス PMH605901
ヒーリンクス(Helinx) サポーター 姿勢補助ベルト ポジティブモーションハーネス PMH605901 (JUGEMレビュー »)

日常生活での良い姿勢、運動フォームの改善を真剣に考えている人に!
RECOMMEND
PRIMUS(プリムス) イータスパイダー
PRIMUS(プリムス) イータスパイダー (JUGEMレビュー »)

素早くお湯を沸かすことができて省エネなプリムスのイータ・シリーズ。イータスパイダーはコンパクトに収納できるので個人山行には最適。一度使ったら手放せない、使い勝手の良さ!
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
海外遠征へ

これからスイスへ行ってきます。

山岳スキー競技の世界選手権出場です。



海外へ行く際はいつも履いて行く靴に悩みますが、今回はニュートロンG。

ランニングシューズも兼ねて、雪が降り積もってもこの一足で大丈夫♪

ヨーロッパも最近暖かいらしいですが、このシューズが必要になるような雪が降るでしょうか?

では、行ってきます!

藤川 健 | 2019スイスVillars山岳スキー世界選手権 | 10:09 | comments(0) | - | pookmark |
ツェルマット

今日はスッキリ青空快晴。


藤川 健 | 2019スイスVillars山岳スキー世界選手権 | 16:13 | comments(2) | - | pookmark |
ツェルマット スキーツーリング

今日はアクティブマウンテンの田村さんとツェルマットのスキーツーリングへ。



マッターホルンもスッキリ見えて、



3100mまで上がって、高度順応。



昨日降った雪でコンディション上々♪



パウダー狙いにきた訳ではないのですが、ノートラックのロングランに笑いは止まらず。



まだまだ知らないツェルマットの奥深さを堪能しました。



田村さんはツェルマット在住で、ヒマラヤ8000m峰のガイドもこなす先輩ガイド。

今日は楽しいツーリングに連れてっていただき、ありがとうございました!



藤川 健 | 2019スイスVillars山岳スキー世界選手権 | 02:51 | comments(0) | - | pookmark |
ツェルマットRun

スカルパのニュートロンGでツェルマットのトレイルをちょっとだけ走って(登って)きました。



スノーシューは必要ない、雪が硬く締まったトレイル。

ゲーター付きのランニングシューズはこんなトレイルで活用するためにあるんでしょう。

かなり急な斜面にトレイルがあるので足を滑らせると命取り。

だからソールのグリップ力がこういったシューズの重要なポイントになってます。



カモシカさんのようには走れませんが、標高差300mほど登ってツェルマットを見下ろす小屋まで。



こんなトレイルが街にあるのが素晴らしい。


SUUNT RUN

https://youtu.be/cBkS4mrQhOM 



藤川 健 | 2019スイスVillars山岳スキー世界選手権 | 14:44 | comments(0) | - | pookmark |
Unter theodul Glacier

今日のお山は強風。

クラインマッターホルンから上に行きたかったのですが、その手前でロープウェイは運休。



向かい風の中をシールで登り、unter theodul glacierを目指すも、心が折れかけてホットチョコレートブレイク。



鋭気を養ってから気合入れてスリリングなドロップイン。



ウインドパックされた雪の下はカチカチ。

股間がスースーする緊張感を味わいながら氷河へ。



下から見るととても雪が繋がっているようには見えませんが、降りてきたラインはストックの先。



岩場も怖いけど、氷河は完璧な青凍り。

エッジもポールも全く歯が立たず。



その後もハイレベルなアトラクションが続き、最後は吊り橋渡ってゲレンデへ復帰。



昨日のルートとは一転して、スリリングで刺激的な氷河ツーリング。

ここは一人ではとても行けません。

降りてきた後の充実感はパウダースキーイングを遥かに上回る、生きている喜び?

田村さん、今日もありがとうございました。





藤川 健 | 2019スイスVillars山岳スキー世界選手権 | 03:08 | comments(0) | - | pookmark |
1/5PAGES | >> |