12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
ヒーリンクス(Helinx) サポーター 姿勢補助ベルト ポジティブモーションハーネス PMH605901
ヒーリンクス(Helinx) サポーター 姿勢補助ベルト ポジティブモーションハーネス PMH605901 (JUGEMレビュー »)

日常生活での良い姿勢、運動フォームの改善を真剣に考えている人に!
RECOMMEND
RECOMMEND
adidas(アディダス) サイクル サングラス 調光レンズ evil eye halfrim pro Lサイズ マットブラックグロウ×クリアーグレイ A181 01 6091
adidas(アディダス) サイクル サングラス 調光レンズ evil eye halfrim pro Lサイズ マットブラックグロウ×クリアーグレイ A181 01 6091 (JUGEMレビュー »)

光によってレンズの色が変化する調光レンズ!クリアーからスモークへ、微妙な天気、夕暮れ時などには最適の視界を確保してくれます!
RECOMMEND
PRIMUS(プリムス) イータスパイダー
PRIMUS(プリムス) イータスパイダー (JUGEMレビュー »)

素早くお湯を沸かすことができて省エネなプリムスのイータ・シリーズ。イータスパイダーはコンパクトに収納できるので個人山行には最適。一度使ったら手放せない、使い勝手の良さ!
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 白水沢 前編 | top | 2013 マムートギア >>
白水沢 後編

無意根山に続く白水沢、土管の中を通り抜けて先に進みます。



さすがに上流にくると水量は少なくなり、沢も穏やかな感じですが、



所々にはやっぱり滝も。



ミニチュアの柱状節理みたいな滝。
上流では赤色はありません。



このあたりまではまだ快適な沢登り。



いくつかの支流を選びながら源頭を目指します。
水の流れがなくなると、いよいよ藪漕ぎ開始。
以前は微かな踏み跡もあったようなのですが、今では分かりません。
いくつもある支流を上手く選べばそんな踏み跡に出れるのかもしれませんが、僕の選んだ沢の源頭にはクマの踏み跡すらありませんでした。



藪の奥には無意根山の山頂部。
ここからが長い道のり。



びっしりと生えている熊笹。
たまに生えている木に攀じ登ると先がみえますが、笹の高さはかるく背丈以上。
本気で藪漕ぎしても1分で進めるのは6、7mほど。
スキーを担いでいるわけではないので、春に比べれば楽なものですが先は遠い・・・



やがて笹からハエマツ帯へ。
ちょっと楽な気分もしますが、進むスピードは変わらず。



藪漕ぎ、約2時間。
土管から3時間かかってようやく山頂へ。
思いのほか時間がかかってしまい、この時点で15時15分。
もう日没時間も早い北海道。
下山は速やかに登山道を走ります。



登りは沢靴ですが、ここでトレランシューズに履き替え。
下りのためにザックに入れてきました。
宝来小屋までは所々ぬかるんだトレイル。
その下は延々と林道の下りが続きます。



山頂から2時間で登り始めの白水沢林道へ。
登りは5時間40分ほど。
トータル7時間50分。
もう少しはやくスタートすればよかったのですが、降りてきたときには真っ暗でした。

白水沢、山頂まで抜けると沢登りに藪漕ぎとかなり充実した山行になります。
なにより、沢が美しい。
麓からも、山頂からも見ることはできない、この沢のだけのすばらしい景色があります。

藤川 健 | 沢登り | 22:26 | comments(3) | - | pookmark |
Comment
すごいねぇ
相変わらずやってますね。

posted by Gaku ,2012/10/04 2:38 PM

道のない熊笹を歩いて良く方向を間違えないですね、やはりGPSですか?また、ヒグマとの遭遇が怖くないですか?ラジオか鈴を鳴らし放しですか?
滝登りといい、なんだか読んでるこっちがハラハラする山行記で勇気に感服します。

posted by RK@横浜 ,2012/10/04 9:23 PM

Gakuさん

やってます・・


RK@横浜さん

方向を大きく間違えるほど素早く移動できない・・というのもありますが、GPSは藪漕ぎでは頼らないですね。熊鈴も持ち歩きません。

posted by フジケン ,2012/10/10 9:29 PM