12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
ROCK&SNOW 078 「御前岩、ふたたび」「強い人は何が違うのか メンタルの研究」「それぞれのカラコルム」「山岳滑降 穂高&デナリ」 (別冊 山と溪谷)
ROCK&SNOW 078 「御前岩、ふたたび」「強い人は何が違うのか メンタルの研究」「それぞれのカラコルム」「山岳滑降 穂高&デナリ」 (別冊 山と溪谷) (JUGEMレビュー »)

ROCK&SNOW2017冬号が発売!日本では数少ない尖った内容の様雑誌!当たり障りのない雑誌に飽きたなら、こんな雑誌を読むベシ♪フジケンは1pだけですが日本オートルートに関する記録を載せていただいてます♪
RECOMMEND
RECOMMEND
Black Diamond(ブラックダイヤモンド)ブリッツ28 グレー
Black Diamond(ブラックダイヤモンド)ブリッツ28 グレー (JUGEMレビュー »)

BDの超軽量バックパック登場!使い勝手は抜群、重さは444g!重さに合わせてお値段もお手頃?
RECOMMEND
Black Diamond(ブラックダイヤモンド) サーク45 ブラック S/M BD46212
Black Diamond(ブラックダイヤモンド) サーク45 ブラック S/M BD46212 (JUGEMレビュー »)

ブラックダイヤモンドのNEWスノーパック。非常に使い勝手のいい、おススメザックの登場です!
RECOMMEND
shotz ショッツ エナジージェル (カーボショッツ) おためし6味 45g×6個
shotz ショッツ エナジージェル (カーボショッツ) おためし6味 45g×6個 (JUGEMレビュー »)

極低温下でもカチカチに凍らないSHOTZ。ここぞという時に!
RECOMMEND
adidas(アディダス) サイクル サングラス 調光レンズ evil eye halfrim pro Lサイズ マットブラックグロウ×クリアーグレイ A181 01 6091
adidas(アディダス) サイクル サングラス 調光レンズ evil eye halfrim pro Lサイズ マットブラックグロウ×クリアーグレイ A181 01 6091 (JUGEMレビュー »)

光によってレンズの色が変化する調光レンズ!クリアーからスモークへ、微妙な天気、夕暮れ時などには最適の視界を確保してくれます!
RECOMMEND
PRIMUS(プリムス) イータスパイダー
PRIMUS(プリムス) イータスパイダー (JUGEMレビュー »)

素早くお湯を沸かすことができて省エネなプリムスのイータ・シリーズ。イータスパイダーはコンパクトに収納できるので個人山行には最適。一度使ったら手放せない、使い勝手の良さ!
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 薬師山頂 | top | 16+1 SHOTZ >>
日本オートルート1DAY

立山の室堂から上高地へスキー縦走で抜ける日本オートルートを1Dayで行ってきました!

 

 

スタートは5月4日の午前3時51分。

前泊した室堂の雷鳥荘スタートです。

 

 

日の出は5時前。

今回の装備は最軽量にはこだわらず、必要な安全装備もしっかり持って臨みました。

ストックは重くなりますがBDのウィペットを左右2本持ち。

最初から最後まで、要所要所で非常に助かりました。

 

 

とにかく長い、このルート。

次はあっちの方向へ!

 

 

雷鳥さんもこんにちは♪

 

 

ルート上、営業小屋もありますが1day無補給なので素通りします。

 

 

滑れる所は積極的にスキーを活用。

 

 

夕陽に染まる槍ヶ岳。

この景色を見るために時間調整したわけではないのですが、いい景色です。

 

 

そして陽は沈み・・・

 

 

暗い中、西鎌尾根を登ります。

明るいうちに槍ヶ岳を越えたかったのですが、そう思い通りには進めませんでした。

 

 

20時過ぎに肩の小屋。

だいぶ冷えていましたが時間も時間、すみやかに通過です。

 

 

仕事で涸沢にいた杉村航カメラマンが槍沢まで撮影しに上がって来てくれました。

ちょっとだけ撮影して、槍沢滑走。

 

 

ハイライトのスキー滑走のはずが、クラストと雪崩の跡の超デブリーランド。

真新しい跡が多く、槍沢滑走が夜間にずれ込んで結果オーライでした。

 

 

槍沢ロッジで滑走終了。

ここで靴を履き替えて上高地まで、長い長い道のりを走ります。

 

 

フィニッシュは上高地の河童橋。

ギリギリ日付が変わる前の11時58分に到着!

 

 

室堂からの所要時間は20時間7分12秒。

GPSでの水平移動距離は70km。

長かったけど、こんなに充実したスキー山行は今までにない。

最高の満足感を味わいながら、GWでも誰もいない河童橋を後にして、これまた長い釜トンネルまでの道をトボトボ歩いて帰路につき、本日の行動時間は22時間。

しばらくはまともに動けそうにありませんが、この日本オートルートスピード縦走がずっと計画してきたハイライト・イベント。

今シーズンはここに標準を合わせてトレーニングをしてきました。

僕にとっては山岳スキーの世界選手権やメッツァラーマも、このオートルートに向けたトレーニングと調整の一環。

コンディションを完璧に合わせられた訳ではありませんが、大満足です。

 

 

 

藤川 健 | - | 17:30 | comments(7) | - | pookmark |
Comment
お疲れ様でした!いやはや凄すぎます。
詳しい記事を期待しております。

posted by yoshi ,2017/05/06 9:49 AM

記録も内容も素晴らしいです。お疲れ様でした。

posted by msg ,2017/05/06 10:15 AM

ご無事でなにより。一の越から見える槍まで日本スキーツアールート集だと小屋泊まり3泊4日。それをたった1日!超人です。北アの稜線トラバースなどでウィペットが必要なんですね。

posted by RK@横浜 ,2017/05/06 1:30 PM

コメント、ありがとうございます♪
どこかの紙面で記事にしていただければ、詳しい内容と共にご紹介できると思いますが、どうでしょう?
ウィペットはいろんな場面で重宝しました。

posted by フジケン ,2017/05/06 5:49 PM

宣伝、協賛なしの挑戦だったとは…!

posted by yoshi ,2017/05/06 7:40 PM

おめでとう これまでのレース経験の総集編ですね。 すばらしい

posted by さそう ,2017/05/10 6:00 PM

さそうさん

ありがとうございます!

posted by フジケン ,2017/05/11 10:00 AM