10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
BRAVOSKI 2020(2) (双葉社スーパームック)
BRAVOSKI 2020(2) (双葉社スーパームック) (JUGEMレビュー »)

特集は北海道!今シーズンは北へ!!
RECOMMEND
DPS Skis(ディーピーエス) ファントム PHANTOM
DPS Skis(ディーピーエス) ファントム PHANTOM (JUGEMレビュー »)

スキーの滑走面を半永久的に滑る素材へと変質させるPHANTOM.スキーに施工するなら天気が良く、1日時間をかけれるオフシーズンに!
RECOMMEND
ミドリ安全 サバイバルパン エコパッケージ 3味セット 10箱
ミドリ安全 サバイバルパン エコパッケージ 3味セット 10箱 (JUGEMレビュー »)

非常時の備えに、時間がたっても柔らかくておいしい5年の長期保存パン!
RECOMMEND
ヒーリンクス(Helinx) サポーター 姿勢補助ベルト ポジティブモーションハーネス PMH605901
ヒーリンクス(Helinx) サポーター 姿勢補助ベルト ポジティブモーションハーネス PMH605901 (JUGEMレビュー »)

日常生活での良い姿勢、運動フォームの改善を真剣に考えている人に!
RECOMMEND
PRIMUS(プリムス) イータスパイダー
PRIMUS(プリムス) イータスパイダー (JUGEMレビュー »)

素早くお湯を沸かすことができて省エネなプリムスのイータ・シリーズ。イータスパイダーはコンパクトに収納できるので個人山行には最適。一度使ったら手放せない、使い勝手の良さ!
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< ガルモントアルペンブーツが店頭に! | top | 我満嘉治新社長就任へ >>
トレイルランニングの用具 シューズ編

未舗装の道を走るトレイルランニング。必要な用具といっても、絶対に必要という物はない・・・。
だけど、あると便利とかちょっと楽になる物は結構あります。
おそらく、トレランをするにあたって、一番気になるグッズがシューズでしょう。トレランするならトレラン用のシューズでなければならない、ということはないのですが、やはり専用のシューズはなにかと良いです。
ランニング用のシューズは走るシチュエーションや用途によって様々ですが、トレランはなんといっても未舗装。上り下りのある土や岩、木の根など、様々なところを走ります。時には泥や水の中だって走ることがあるかも。
なので、アウトソール(靴の裏)が特徴的。普通のシューズよりも凸凹が大きく、グリップ力があります。タイプによって土が得意なものや岩場が得意なものなどもあります。このアウトソールは、メーカーやモデルによっても違うので、どれが一番というのはないでしょう。ただ、トレラン用のシューズであればどんなモデルでも普通のシューズよりは滑りにくいはず。
また、トレランでは岩や木の根などにつまずくことが多いので、指先が補強されていたりして足を守ってくれるタイプが多いようです。この辺はアスファルトを走る靴とは大きな違いでしょう。
登りのことを考えると軽ければよいと思いがちですが、あまり軽いレース用の物などはクッション性が無いので要注意。トレランの下りは結構衝撃も大きいので、膝や足首を守るためにもしっかりとしたミッドソールも重要です。軽いからといってハイエンドのモデル(レース用など)を選んでしまうと故障の原因にもなりかねません。
トレランのフィールドは未舗装なので、靴が泥だらけになるのは宿命です。汚れても水でジャブジャブ洗ってすぐに乾いてくれるようなところも意外と重要。
レースなどでは水溜りや泥の中でも走ることがありますが、靴の中に水が溜まってしまっては致命的です。この点ではレース用の靴はメッシュが大きく水はけが良い物が多いようです。
また、レース用はソールの張りが強く反発を生かしながら走れる分、脚力がない人にはただ疲れるだけの靴にもなりかねません。

イノヴエイトのトレランシューズ
トレラン用のシューズは結構いろんなメーカーから出ているようです。有名どころでは、モントレイルやノースフェースあたりでしょうか?
ちなみに、僕が使用しているのはinov8(イノヴェイト)。イギリス製です。
イノヴェイトのモデルの違う2足を使い分けています。
写真右はマッドロックというモデルで、ややレース向け。タイトフィットでソールの張りが強く水はけもまぁまぁといった、バリバリのレース向け一歩手前といったシューズです。山を走るときは主にこのシューズ。
写真左はロックライトというモデルで、こちらは幅が広めでソウルの衝撃吸収性が高めのシューズ。足に疲労が溜まってきた時や、アップダウンの少ないトレイルをのんびり走るときはこちらを使ってます。

まずはどんなシューズでもいいからトレイルを走ってみることが一番。そこで楽しさを見出せれば、シューズ選びを考えればいいのではないでしょうか?
藤川 健 | トレイルランニング | 22:52 | comments(1) | - | pookmark |
Comment
インプレッション、サンキュー!
十月のレース用に大会使用率1の靴買ってトレイル試したけど、下りのロックだと滑る滑る!
ビブラムソールのトレッキングシューズの方が信頼して足置けるよ。
まぁ、でもせっかく買ったからこれでレース出てみます。

posted by タケG ,2007/10/04 1:51 AM