08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
山スキールート212
山スキールート212 (JUGEMレビュー »)

山と渓谷社より、かなりしっかりとした山スキールート集が発売!全国各地の厳選された212ルートが地図を交えて紹介されてます。価格はちょっと高めですが、それ以上の内容を含む一冊。すべての山スキーヤーに!
RECOMMEND
RECOMMEND
DPS Skis(ディーピーエス) ファントム PHANTOM
DPS Skis(ディーピーエス) ファントム PHANTOM (JUGEMレビュー »)

スキーの滑走面を半永久的に滑る素材へと変質させるPHANTOM.スキーに施工するなら天気が良く、1日時間をかけれるオフシーズンに!
RECOMMEND
ヒーリンクス(Helinx) サポーター 姿勢補助ベルト ポジティブモーションハーネス PMH605901
ヒーリンクス(Helinx) サポーター 姿勢補助ベルト ポジティブモーションハーネス PMH605901 (JUGEMレビュー »)

日常生活での良い姿勢、運動フォームの改善を真剣に考えている人に!
RECOMMEND
PRIMUS(プリムス) イータスパイダー
PRIMUS(プリムス) イータスパイダー (JUGEMレビュー »)

素早くお湯を沸かすことができて省エネなプリムスのイータ・シリーズ。イータスパイダーはコンパクトに収納できるので個人山行には最適。一度使ったら手放せない、使い勝手の良さ!
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
支笏湖リベンジ
時がたつのは早いもので、支笏湖までマウンテンバイクでトレーニングのツーリングに行ったときの忌まわしい出来事から1年が経ちました。
昨晩、何気なく日記を見て気が付いたのですが、あの時の記憶はいまだ鮮明によみがえります。
ちなみに、一年前のブログはこちら
http://telemark.fujiken.boy.jp/?eid=448858

札幌周辺の天気予報は曇り、降水確率20〜30%。これはリベンジに行くしかないでしょう!
というわけで今日は支笏湖まで自転車トレーニングです。
天候は濃霧。
札幌は薄日もさすまあまあの天気だったのですが、支笏湖に向かうにつれ雲行きは怪しくなり、いくつかのアップダウンを繰り返すうちにガスに包まれ霧雨も・・・。
途中少々濡れましたが、とりあえず湖畔のポロピナイに到着。
湖畔まで降りると雲の下で、みなさん水遊びを楽しんでました。
ポロピナイキャンプ場
ここまできてまっすぐ帰るのもなんなので、ちょっとトレーニングがてら寄り道してイチャンコッペ山(828m)を登ってきました。もちろんトレイルランニングです。
ガスっているのは残念ですが、もともと山頂からすばらしい展望がある山でもないので、こんな天気の日がちょうど良い山です。
反射板が目印
踏み跡はしっかりついているのですが、下部は笹や草が覆いかぶさっていてちょっと走りにくいトレイルでした。しかし、風当たりの強い尾根まで上がるとかなり走りやすくなります。
山頂手前にある反射板まで行けば山頂はもうすぐ。
イチャンコッペ山頂
当然ながら、山頂からの景色はいっさい見れませんでした。
下り始めてすぐ、それまで霧雨だった天気が雨に変わってきました。
登山口に着いた時には全身ずぶぬれです。
登り50分、下り40分ほどかかりました。
全力ではないとはいえ自転車を2時間半漕いだ後だったので、まったくペースは上がらず、かなり辛いランでした。
雨が・・・
さて、ここから先が昨年のリベンジ。
あの時は、イチャンコッペの登山口のすぐ先でパンク、その後札幌までの46kmを自転車を押して帰るという屈辱をうけました。まぁ、パンク修理キットをもってなかった自分が悪いんですけどね。
ちなみに今回はすこし学習して、スプレー式の簡易補修剤も持参してました。何事も経験です。
雨脚は強く、ジャジャ降りの中をひたすら漕ぎました。
しかし昨年と違って降りは超快適。
長いところで標高差300mもの長い下りもあるのですが、最高速度は60km。雨で路面が濡れており、しかもマウンテンバイク。法定速度尊守で帰ってきました。
札幌の自宅から往復で100kmちょっと。
7時間ほどのトレーニングでした。
無事、パンクすることなく戻ってきたのでリベンジ達成ですが、雨に打たれて散々だったので、やはり支笏湖にはやられたような気がします。

藤川 健 | トレイルランニング | 16:51 | comments(5) | - | pookmark |
羊蹄山を走る!
羊蹄山(1898m)へ行ってきました。
今日は登山というよりトレーニング。
チームグリーンの円浄さんと走ってきました!
麓からの標高差は約1500M!!登りっ放しのルートはかなりのハードトレーニングです。
しかし、今日の天気はあいにくの曇り空。
山は低い雲に覆われていました。
雲のかかった羊蹄山
今回は4つある羊蹄山の登山ルートのうち、比較的緩やかな真狩ルート。
トレイルは所々木の根が張り出しているもののしっかりとしています。
しばらくは樹林帯の中を走りますが、6合目あたりから雲を抜け青空が!
そして下界にはみごとな雲海が広がっていました。
雲海の上のトレイル
強い日差しでも木のトンネルのおかげで気持ちよく走れます。
木陰のトレイル
途中、要所要所には看板もあります。
しかし、山頂はまだまだ先・・・。
7合目の看板
あまりの登りと昨日までの幌尻岳での疲れのせいもあり、途中歩きも入ってしまいました。
外輪山までで約1時間半。
そこから時計回りに外輪山を回り山頂へ。
タイムは・・・
山頂までのタイムは1時間53分。1時間半を目標に設定していたのですが、まだまだ修行が足りないようです。
山頂からの景色はとてもよく、京極から倶知安方面の町が見え、高度感抜群です。
山頂到着
山頂で一休みしてそのまま時計回りに進みました。山頂からしばらくは岩場なのでゆっくり慎重に進み、途中からは広いトレイルに変わります。
外輪山のトレイル
景色を楽しみながら外輪山を回り、同じ真狩ルートから下ります。
6合目あたりで再び雲海の中にはいり、景色を楽しむのはここまで。
再び雲海の中へ・・・
下りはあまりタイムを気にせず、安全に走って1時間半で登山口に到着。
かなり走り応えのある山でした。


藤川 健 | トレイルランニング | 21:48 | comments(0) | - | pookmark |
藻岩山3ルート
今日も札幌は良い天気・・・。
こんな日は軽く体を動かして・・・ということでいつもの藻岩山慈啓会登山口から走ってきました。しかし、走り出しても妙に体が重く、なかなかペースが上がらない。
ここ最近、原稿書きに忙しくほとんど走れていなかったので体がなまっていました。
これではいかん、ということで軽いトレーニングからちょっとまじめなトレーニングに変更。
慈啓会からスタートし、まずは山頂へ。
今日も快晴!
そのまま市民スキー場ルートを下り登山口まで。
市民スキー場登山口
写真だけ撮って再び山頂へ登り返し。
今日は日曜日なので、山頂展望レストランには多くの観光客が車やロープウエイでやってきていました。
山頂レストラン
今度は北の沢登山口までの下り。
最近怠けていたのと、夏バテのせいかこの辺でかなり体が動かなくなってきました。
北の沢登山口
藻岩山の登山ルートは回りから山頂をぐるりと囲むように5本のルートがあります。
全ルート走りたかったのですが、体も疲れ、時間もあまりなかったので北の沢ルートを登ってから慈啓会ルートを下り今日のトレランは終了。
藻岩山の登山ルート
下山後はまだ日のあるうちにローラースキーのテスト。
今回は前輪のバネやローラーの種類などいろいろ変えてのテストだったので、滑る?より工具をいじっている時間のほうが長いくらいでした・・・。
藤川 健 | トレイルランニング | 22:02 | comments(0) | - | pookmark |
積丹岬トレイルへ
今日は積丹岬のトレイルを走ってきました。
通称シララの小道と呼ばれるところです。
積丹岬自然遊歩道
このトレイルは山があるわけではないのですが、積丹岬の展望の良いルートに作られ、積丹町が管理しているのでやたらきれいで整ったトレイルです。
海の見えるトレイル
しかも途中、途中にある景勝ポイントは最高!
女郎子岩
アップダウンは比較的少なく、海を見ながら走れる穴場的なトレイルです。
積丹ブルーの海
積丹の海は澄んだ青色で、その綺麗さから積丹ブルーの海とも呼ばれます。
今日も天気がよかったので澄みきった海が見れました。
こんな天気の良い日はみんな海へ行くので、海岸には人が多いものの、トレイルには誰もいませんでした・・・。
すれ違ったのは韓国人らしきカップル一組のみ。
島武意海岸
渚100選にも選ばれている島武意海岸がゴール。さすがにここは観光客もたくさんいました。
天気が良いのに海にも入らず走っている自分・・・。
しかし、ここはがんばってトレーニングです。
帰りは小樽の焼肉屋金太によってきました。
金太の巨大おにぎり
ここの名物は焼肉よりも、巨大なおにぎりかもしれません。
片手で持つと手が疲れるほどの重さです。
かなり昔から健在のお店ですが、安くて美味しく、ボリューム満点の金太は相変わらずでした。

藤川 健 | トレイルランニング | 21:51 | comments(0) | - | pookmark |
北広山へ
今日は北広山というマイナーな山に行ってきました。
北広山登山口
山といっても、丘みたいなところで標高は492m。
一応トレイルはあるものの、展望もなく特別なアップダウンがあるわけでもない山です。
なので、人もあまり訪れないため所々草が生い茂り、野性味あふれる箇所があります。
野性味あふれるトレイル
山頂に着くと小さな看板があり、その先にはフェンスが張り巡らされてます。
立ち入り禁止の看板が・・・
ちょうど、この先が自衛隊の演習区域となっておりその境界なのですが、とても山の頂上とは思えないロケーションです。
もともとは島松山というのですが、その山頂は北広山の山頂の少し先にあり、最高点はその島松山になります。
しかし、自衛隊の演習区域ということでフェンスが張られ立ち入れなくなったので、代わりにできたのが北広山という、なんとも微妙な山なのです。
本当はこの先に最高点がある
なんでこんな山に行ったのかというと、今日は先祖のお墓参り。僕の地元、北広島市の墓地のすぐ近くにこの山があるので、ちょっと足を伸ばしてみました。
往復30分ほどの手頃な距離ですが、たぶんもう行くことはないと思います・・・。
藤川 健 | トレイルランニング | 23:53 | comments(0) | - | pookmark |
2/8PAGES | << >> |