07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
北海道の山と谷2
北海道の山と谷2 (JUGEMレビュー »)
山と谷作成会議 代表 殿平厚彦
RECOMMEND
RECOMMEND
Black Diamond(ブラックダイヤモンド)ブリッツ28 グレー
Black Diamond(ブラックダイヤモンド)ブリッツ28 グレー (JUGEMレビュー »)

BDの超軽量バックパック登場!使い勝手は抜群、重さは444g!重さに合わせてお値段もお手頃?
RECOMMEND
adidas(アディダス) サイクル サングラス 調光レンズ evil eye halfrim pro Lサイズ マットブラックグロウ×クリアーグレイ A181 01 6091
adidas(アディダス) サイクル サングラス 調光レンズ evil eye halfrim pro Lサイズ マットブラックグロウ×クリアーグレイ A181 01 6091 (JUGEMレビュー »)

光によってレンズの色が変化する調光レンズ!クリアーからスモークへ、微妙な天気、夕暮れ時などには最適の視界を確保してくれます!
RECOMMEND
PRIMUS(プリムス) イータスパイダー
PRIMUS(プリムス) イータスパイダー (JUGEMレビュー »)

素早くお湯を沸かすことができて省エネなプリムスのイータ・シリーズ。イータスパイダーはコンパクトに収納できるので個人山行には最適。一度使ったら手放せない、使い勝手の良さ!
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
本場インドのヨガ体験
昨日からずっと雷が鳴り響き、空が壊れたかのように雨が降り続いています。
そんな訳で今日も山には行けなかったので、ヨガにいってきました。
ヨガへ!
マナリでできるヨガはハタヨガとよばれる流派です。1セッション105ルピー。高いか安いかは別として、なかなか良い体験でした。
ちなみにインドはヨガの本場なのですが、地元の人にはイマイチ普及しておらずもっぱら外国人のほうが熱心だとか。それでもここ最近はヨガブームがおとずれているそうです。
ヨガといえばインドのイメージですが、その本場であまり広がっていないというのは不思議な感じです。
インドスイーツ
しっかりヨガをした後は結構疲れるので、軽くインド版スイーツで腹ごなし。
しかしマナーリーでお目にかかるスイーツはどれも同じきがします。味も似通っているので、作っているところは全て同じかも。味も微妙なものが多いのが残念。
やはりスイーツに関しては日本が良いですね。
ちなみに今日はチョコレートケーキにしておきました。

岩盤崩落
僕たちがこっちに来る数週間前にこの近くで岩盤崩落があり、30名ほどが亡くなった事故があったそうです。
その場所は僕たちの滞在場所からマナーリーに行くときには必ず通らなければならない道路に崩れ落ちているので、通るときは毎回ヒヤヒヤです。
ここ数日の雨のためか、今日は道の真ん中に1m程の岩が何個か転がっていました。
インドの道路事情はまだまだ危険がいっぱいです。
岩に潰された集落

今日は一緒に旅していたショージ君とユカちゃんが他の場所へインド観光の為に移動しました。
嵐の中の移動ですが、無事を祈ります。
僕たちは天候の回復を祈りながら、THE DAYを待ち続けています。
ショージ君とユカちゃん
藤川 健 | インドトリップ | 20:58 | comments(3) | - | pookmark |
ソーランバリー
昨日はマナーリー近郊のソーランバリーで滑ってきました。
3日間続いた悪天候が回復して朝から青空。
雪はそれほど積もってはいなかったのですが、山は真っ白に。
このエリアは標高はそれほど高いところは滑らず、比較的中斜面が多い場所でした。
しかし、周りはぐるりと5000m級の山に囲まれているので景色は最高です。
m777も大活躍
それらの山はかなり切り立っているので、すべるような斜面はまったくなく、残念ながら眺めるだけです。
気温も上がっていたので、ひっきりなしにスラフが落ちてきていました。中には雪煙が100m以上もあがるような大きなものもありました。
ソーランバリー
今日も天気はよいのですが、スキーはお休み。
メンバーのうち、北村君が激しい下痢でダウン。
グロッキー北村
カメラマンの杉村君は転んで足を痛めたので休養。
怪我人ワタル
羽山さんは用事があるとか。
ラッピーの羽山さん
せっかくなので朝からまたヨガに行ってバシシットで温泉沐浴です。

藤川 健 | インドトリップ | 14:48 | comments(0) | - | pookmark |
ヒマラヤベアーとの遭遇

今日はブリグピークエリアへ滑りに行ってきました。
今日のピーク
もうそろそろインドトリップも終わりに近づいているのですが、スキーも今日が最後になりそうです。
今日のエリアは初日に行ったコーティーピークからさらに奥へ足を伸ばした場所。
熊は何処へ
そこでなんと熊を目撃しました。僕たちが行こうとしていた場所を横切るように突っ走っていきました。距離が相当離れていたのであまりはっきりは見れなかったのですが、あとでそこを通ったときに見た足跡はそれほど大きくはありませんでした。
熊の足跡
それでも、ガイドの話によるとこのあたりの熊はかなり危険だとか。
ほかにも、山頂では雷鳥らしき鳥も見かけ、こちらは僕たちを見て走って逃げていきました。しかも山を駆け下りて。羽があるんだから飛べばいいのに。

今日は長い距離を一本滑りました。
雪もまぁまぁ滑りやすく、気持ちの良い一本。
インドの滑り納めとしては最高の1日でした。
羽山さん

ちなみに今日の行動時間は8時間ちょっと。けっこうクタクタですが疲れた体はバシシュトの温泉で癒してきました。
藤川 健 | インドトリップ | 23:38 | comments(3) | - | pookmark |
インド式トイレ
インドのトイレには紙がありません。
用を足した後は、軽量カップのような容器にくんだ水で流しながら左手で洗います。
最初はかなり抵抗があるのですが、郷に入れば郷に従えです。トイレットペーパーを持参すればいいのですが、致し方ないときもあります。
ちなみに、食事をするときは右手で直接食べ、左手は容器を持つくらいで基本的に使いません。
インド式トイレ

食事が終わった後の手は紙で拭くのではなく、水で洗います。
紙で拭くよりも洗ったほうが清潔というのが理由のようですが、インドではティッシュペーパーなども見かけません。
インドは紙よりも水の文化。インド人は結構綺麗好きだったりします。
また、建物も日本とは違い石作りがほとんどです。こちらも木よりも石の文化といったところでしょうか。
だからといってインドに木が少ないわけではなく、この北部山岳地域ではかなり立派な大木が生えています。暑いときには石の家は中に入ると、ひんやりと涼しいのでこれもインドの文化なのでしょう。家以外にも、道路工事などいたるところで石を上手に使っています。
小道
子犬と少女

町を歩いていると至る所で犬を見かけます。鎖につながれているような犬はおらず、野良犬と飼い犬の区別はつきにくいのですが、とにかくそこら中にいます。
完全に人間と共存している様子で、人がいても寄ってくるわけでもなく逃げもしません。車がすぐそばを走っても別に驚く様子もなく寝ています。
インド人は犬を大切にするようで、犬は町中に増えていくようです。
ちなみに猫はほとんど見かけません。
この滞在中何百匹という犬を見ましたが、猫はたった1匹。タイやマレーシアでは猫ばかりですが、これも文化の違いなのでしょうか?
犬
犬の群れ
今日は朝ヨガに行って午後からデリーに向けて移動です。
また16時間の長い道のりです。
このマナーリーともお別れですが、住めば都とはよく言ったもので初めてここに来たときとはかなりイメージが変わりました。
ただ汚さやゴミだけしか目に付かなかった街や道端も、見慣れてくると結構普通です。
これでゴミがなくなれば相当綺麗な観光地です。
考えてみれば、ここまでではないにしろ、僕が子供のころの日本も道路にはゴミが散乱していた記憶があります。
インドの経済が成長して、人々の意識が高まればこのゴミも少しずつなくなっていくのでしょうか。

負傷した杉村カメラマンの足は順調に回復。
体調を崩していた北村君はいつの間にか復活。
地元の娘にも気に入られてすっかりご満悦。
彼は今日マナーリーを離れることができるのか?
北村君にうっとり

藤川 健 | インドトリップ | 13:54 | comments(0) | - | pookmark |
タージマハールへ
マナーリーから13時間のドライブを終え、デリーに到着後はタージマハールへ行ってきました。
世界遺産としても有名な、世界で最も美しいといわれる大理石で作られた巨大なお墓です。
タージマハール2
インドでも超メジャーな観光スポットですが、やはり一度は見てみたいということでベタな観光をしてきました。
タージマハール
そしてついでといってはなんですが、そのタージマハールを建造した皇帝シャー・ジャハーンが晩年幽閉されていたお城、アーグラー・フォートも行ってきました。
アグラー城
こちらは決して華やかとは言えませんが、インドの歴史を少しだけ垣間見てきました。

多くの旅の熟練者たちが二度と行きたくないと言うデリーの町もちょっとだけ歩いてきました。
そして、帰国を前にやや危険度の高いローカル・ジュースに挑戦してきました。
種類は色々あるのですが、今回はマンゴージュース。
悪名高いデリーの水道水が混ざるので、腹痛の危険度大のジュースです。
このジュース、杉村カメラマンと北村君、そして僕の3人が飲んだのですが、約1名がその後激しい腹痛に・・・。
フレッシュ・マンゴージュース!

色々ありましたが、今日無事に日本に帰国してきました。
約1名お腹を押さえていますが・・・。
色々な体験をしたインドトリップ。
予想以上に満喫することができました。
いろんな意味で楽しい2週間でした。

無事に帰国した4人
藤川 健 | インドトリップ | 21:42 | comments(4) | - | pookmark |
2/2PAGES | << |