08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
山スキールート212
山スキールート212 (JUGEMレビュー »)

山と渓谷社より、かなりしっかりとした山スキールート集が発売!全国各地の厳選された212ルートが地図を交えて紹介されてます。価格はちょっと高めですが、それ以上の内容を含む一冊。すべての山スキーヤーに!
RECOMMEND
RECOMMEND
DPS Skis(ディーピーエス) ファントム PHANTOM
DPS Skis(ディーピーエス) ファントム PHANTOM (JUGEMレビュー »)

スキーの滑走面を半永久的に滑る素材へと変質させるPHANTOM.スキーに施工するなら天気が良く、1日時間をかけれるオフシーズンに!
RECOMMEND
ヒーリンクス(Helinx) サポーター 姿勢補助ベルト ポジティブモーションハーネス PMH605901
ヒーリンクス(Helinx) サポーター 姿勢補助ベルト ポジティブモーションハーネス PMH605901 (JUGEMレビュー »)

日常生活での良い姿勢、運動フォームの改善を真剣に考えている人に!
RECOMMEND
PRIMUS(プリムス) イータスパイダー
PRIMUS(プリムス) イータスパイダー (JUGEMレビュー »)

素早くお湯を沸かすことができて省エネなプリムスのイータ・シリーズ。イータスパイダーはコンパクトに収納できるので個人山行には最適。一度使ったら手放せない、使い勝手の良さ!
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
スプリントの様子
本日のスプリント、日本チーム監督の笹生さんが写真撮ってくれました。



スタートダッシュは順調♪



このストライドを最後までキープできれば、もっと上位まで食い込めるのですがやがて失速・・・
今後のトレーニングの課題です。


レース後、時間があったので街をぶらついてみました。



まずは一番目立っていた大きな教会へ。



今日のレースを悔い改めてます。



街はスイス鉄道直結。



街並みもいい雰囲気です。



 
藤川 健 | 2015ヴェルヴィエ山岳スキー世界選手権 | 05:23 | comments(0) | - | pookmark |
日本選手紹介
今回の世界選手権大会、日本人の参加選手は4名。



世界選手権参加は3回目、石橋恭選手。北海道。
トライアスロンにも力を入れるアスリート教師!




世界選手権初参加の松澤幸靖選手。長野県。
元デモンストレーター、10年以上前にテレマークの世界選手権でスイスに来たさいに一緒にヴェルヴィエに滑りにきました。



京屋仁選手。長野県。
19歳の若手。エンサを目指しフランスで勉強中。



藤川健。北海道。
世界選手権参加5回目。
世界の壁の厚さを痛感する40歳。




監督の笹生さん。



昨日、現地合流したカメラマンの杉村航。
お金になる仕事を断り、お金にならない大会撮影をしにやってきた盟友。

今日のレースは午後からなので、朝はゆっくりしてます。
日本との時差はマイナス8時間。
少しなれてきました。



長時間の移動でむくみ、足首がなくなった僕の足。
初日はこんな様子でしたが、



今朝はこんな感じ。
やっと自分の足に戻りました♪



宿の朝ご飯。
パンとチーズが美味しい!


 
藤川 健 | 2015ヴェルヴィエ山岳スキー世界選手権 | 17:41 | comments(0) | - | pookmark |
バーティカルレース
今日は標高差850mの登り一本勝負のバーティカルレース。



テクニカルな部分の少ない体力勝負。
若干苦手ではありますが、嫌いではありません。



コース前半はヴェルヴィエの街中を通ります。
昨日まで雪がなかった道が、一夜にして雪が運ばれ延々とコースができてます。
この運営能力はさすがです!



本日の出走85名。
スタート地点は雲の下でしたが、




途中から雲の上。
ものすごい景色が広がってますが、この景色を堪能できたのはゴールしてややしばらくたってから・・・



ゴール目前のフジケン、フラフラです。
しかしこの大観衆を前に休む訳にもいかず、力を振り絞ります。



男子の1位はぶっちぎりで王者キリアン選手。
今年もこの強さ、健在です。



今日のレースは沿道からゴールまで、たくさんのギャラリーであふれてました。
この人気と面白さが日本には伝わらないのが残念です。

 
藤川 健 | 2015ヴェルヴィエ山岳スキー世界選手権 | 05:45 | comments(1) | - | pookmark |
コース下見
今日はジュニアのバーティカルレース。
大人はお休みなので、朝一番でヴェルヴィエを滑り、



ジュニアレースのスタートを応援。
日本からは京屋仁選手がジュニアのカテゴリーで出場です。



コースは少し短いですが、標高差は500mくらいはあるはずです。



スタート観戦後、明日のレースのコース下見に谷の反対側のスキーエリアへ移動。



奥に見えてる山を2回ほど登ります。



シールで登り、




上はツボアシセクション。



けっこう急斜面ですが、ヨーロッパでは簡単なほうでしょう。



一応山頂標識がありました。



こちらは違う場所のツボアシセクション。

右側には雪崩の破断面とデブリ。
こんな山の中で行うのが山岳スキー競技です。



最後はゲレンデに滑り込んでフィニッシュ。



スイス人?のファミリーが和やかにランチしてました♪

 
藤川 健 | 2015ヴェルヴィエ山岳スキー世界選手権 | 02:19 | comments(1) | - | pookmark |
インディビジュアルレース
今日の競技はインディビジュアルレース。
個人レースです。



日の出は若干遅め。
8時過ぎになってようやく陽が上ります。



スタートはゲレンデ。
朝のウォーミングアップ、ポケットに手を突っ込んで登っているのは王者キリアン選手。
今日のレースも貫禄勝ちでした。




最初はゲレンデですが、すぐに森の中へ。
やがて樹林帯を越えてアルパインエリアへ突入します。



各レース、参加国別に準備や荷物置き場のスペースが用意されています。



今日のレースは、大ざっぱに登り4回、滑り4回。
登りのトータル標高差は1800mほど。
当然、滑りも同じだけあるので今日はゴーグル着用です。



今日も1日いい天気。
穏やかな天候ですが、レースには容赦なく足切りタイムがあります。
体調が悪ければこえられない、けっこうシビアな足切りタイムなので、のんびり楽しんでもいられません。



完走はしましたが74位。
以前は滑りでかなり挽回していましたが、最近は下位選手も滑りのレベルが上がり、なかなかごぼう抜きはできませんでした。



こちらは成年女子のトップ3。



今日も世界のレベルに揉まれてきました。
初日のスプリント以降、咳が止まりません・・・
乾いた空気と標高に気管支がやられました。
まぁ、これも実力ですね。

 
藤川 健 | 2015ヴェルヴィエ山岳スキー世界選手権 | 01:35 | comments(0) | - | pookmark |
2/3PAGES | << >> |