08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
山スキールート212
山スキールート212 (JUGEMレビュー »)

山と渓谷社より、かなりしっかりとした山スキールート集が発売!全国各地の厳選された212ルートが地図を交えて紹介されてます。価格はちょっと高めですが、それ以上の内容を含む一冊。すべての山スキーヤーに!
RECOMMEND
RECOMMEND
DPS Skis(ディーピーエス) ファントム PHANTOM
DPS Skis(ディーピーエス) ファントム PHANTOM (JUGEMレビュー »)

スキーの滑走面を半永久的に滑る素材へと変質させるPHANTOM.スキーに施工するなら天気が良く、1日時間をかけれるオフシーズンに!
RECOMMEND
ヒーリンクス(Helinx) サポーター 姿勢補助ベルト ポジティブモーションハーネス PMH605901
ヒーリンクス(Helinx) サポーター 姿勢補助ベルト ポジティブモーションハーネス PMH605901 (JUGEMレビュー »)

日常生活での良い姿勢、運動フォームの改善を真剣に考えている人に!
RECOMMEND
PRIMUS(プリムス) イータスパイダー
PRIMUS(プリムス) イータスパイダー (JUGEMレビュー »)

素早くお湯を沸かすことができて省エネなプリムスのイータ・シリーズ。イータスパイダーはコンパクトに収納できるので個人山行には最適。一度使ったら手放せない、使い勝手の良さ!
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
マテリアルトラブル

今日はピアンカバロスキー場へ行ったのですが、

 

 

ブーツを履こうとしてビックリ。

 

 

なんでパッドが割れてる?

 

 

ブーツシェルのカフが割れてちぎれてました・・・

 

 

ユキヤスさんは板がヒドいことになっており、スペアの板もトラブル発覚。

 

 

明日のレース、なんとかするために二人であちこち駆けずり回ってます。

どーしよう・・・

 

藤川 健 | 2017トランスカバロ山岳スキー世界選手権 | 01:29 | comments(0) | - | pookmark |
応急処置終了!

アイテムの修理の為にレンタカーをひたすら走らせて、

 

 

ユキヤスさんの板はちょっと離れた街のスキーショップへ。

 

 

さすが本場。

物も技術も揃ったショップがちゃんとあります。

 

 

僕のブーツは世界選手権のスカルパブースへお願いしました。

いろんな国の選手もトラブル多数なので、サービスマンが戻ってくるタイミングがなかなか合いませんでしたが、夕食前にはバッチリ応急手当て完了!

 

 

とりあえず明日のレースはこれでOK!

明日のレース後に、スカルパ本社の工場で完璧に直してもらうことになりました。

これもさすがスカルパ地元のイタリアです。

山岳スキー競技環境は、山だけではなく全てがそろってます♪

 

丸1日かかりましたが、明日のチームレースに向けて、藤川・松澤チーム準備完了です!

藤川 健 | 2017トランスカバロ山岳スキー世界選手権 | 07:33 | comments(0) | - | pookmark |
トラブル連発のチームレース!

今日はイタリア世界選手権の2レース目、チームレースです。

総標高差2070m、毎回チームレースは大会の中で最も過酷なコースが設定されます♪

 

 

二人が一緒に行動するチームレース、今回のパートナーは松澤幸靖センパイです。

昨日までアイテムトラブルで奔走していた二人ですが、今日は無理せず世界選手権後半戦へ影響を残さないようペース配分を考えた作戦。

 

 

滑りのレベルが高いチームなので、スタートは最後尾から混乱を避けてゆっくりと。

まぁ、選手全員のレベルが高い世界選手権なので、それほど混乱は起きないのですが。

 

 

マススタートから森を抜けてアルパインエリアへ。

 

 

昨日緩んだ雪がカチカチに凍った、登りも下りもテクニカルなコース。

後半の滑りでいくらでも順位を上げていけると踏んでおりました。

 

 

アイゼン、ハーネス、ロープ、この最高所を越えてからがペースの上げどころ。

ここまではほぼ予定通りの順調なレース展開でした。

 

 

ピークを越えて、下りにさしかかった所で事件が起こります。

この写真の直後、ユキヤスさん板を崖下におとします・・・

それは見事に、凍った急斜面を滑り落ちてから崖下へと飛んでいきました。

当然、ルートとは関係ないあさっての方向へ。

それを見ていた全員が凍りつきました。

コース役員が、レース続けたかったら自分で探しに行ってもいいよ、とのことだったので

ここで大きくタイムロスをして板の捜索へ向かいます。

 

 

あらぬ所に板を発見。

崖上から落ちてきて奇跡的に雪の上に落下したようです。

フィックスロープが張られたコースより遥かに急で危ないところですが、誰からも見えない所なのでサクッと回収してコースへ復帰。

 

 

足切りタイムギリギリで中間地点へ駆け込み、なんとか通過。

もはやペース配分も、後半戦への余力を残すも無く全開。

おかげで僕も転倒して突き指。折れたかと思いましたが、意外と大丈夫でした。

 

 

その後もユキヤスさんに細かいアクシデントは続き、最後の滑りセクションではビックアクシデント。

この写真、普通に滑っているように見えますが、大変なことになってます。

ゴールまで下り標高差500m以上はあったと思いますが、カチカチ、ボコボコ、森の中、アップダウンもある難しい下りをリタイアせずに無事滑り降りるスキー技術はさすがユキヤスさん。

 

 

滑走面だけの、皮一枚でつながったスキーで降りてきました。

一緒に滑りながら、いつ千切れるのかヒヤヒヤでした。

 

 

ちなみに僕は昨日応急処置したブーツが完全に破損。

そのままスカルパの工場送りです。

 

 

まったく予定通りにはいきませんでしたが、無事?完走。

色々ありすぎて、面白すぎるチームレースでした。

ユキヤスさん、お疲れ様です!

 

 

 

 

藤川 健 | 2017トランスカバロ山岳スキー世界選手権 | 01:54 | comments(5) | - | pookmark |
修理完了!

今日は世界選手権後半戦の会場となるピアンカバロへ移動。

 

 

今日もマイナートラブル連発で、移動に1日かかってしまいました。

 

 

昨日スカルパのスタッフに預けたブーツは、約束通り修理してピアンカバロに持ってきてくれました!

 

 

破損したカフ以外にも色々直してくれてました。

 

 

岩場の歩きでちょっと傷ついたソールまでキレイに交換♪

非常に素早い修理です。

さすがスカルパ。

 

 

さらに、アルパゴのレースで傷ついた板はピアンカバロのチューンナップショップへ。

陽気なイタリア職人、こちらも非常に手際よい作業。

4人のスタッフが流れ作業のように動き、40分ほどでエッジ研磨以外のチューンナップ終了してしまいました。

 

 

イタリアっぽくコーヒー飲んでいる間に全て準備完了。

スキーに関して、全ての面でレベルが高いです。

このクオリティと素早さは非常に気持ちが良いですね。

 

藤川 健 | 2017トランスカバロ山岳スキー世界選手権 | 06:08 | comments(0) | - | pookmark |
大会の食事

今回の大会は食事付き♪

 

 

ビュッフェスタイルで、品数は限られますがお腹は満たされます。

そしてここはイタリア。

パスタのレベルが高い!

 

 

今回も杉村航カメラマンが来て写真を撮ってくれてます。

 

 

アルパゴでは良い写真撮っていました。

今回の写真、どこかの紙面でお目見えするのでしょうか?

分かりません。

 

 

朝食はこんな感じ。

今朝はあいにくの空模様。

今日のレースのスタートは遅い時間なので、朝はゆっくりです。

 

 

藤川 健 | 2017トランスカバロ山岳スキー世界選手権 | 16:45 | comments(0) | - | pookmark |
2/4PAGES | << >> |